カテゴリー:次走情報

  • ゴールドドリームは帝王賞を回避

    ルヴァンスレーヴ、インティなどの出走で注目を浴びていた帝王賞ですが、ゴールドドリームは6月12日の追い切り後に歩様が乱れ、左前球節の違和感のために回避となりました。 秋は2019年10月14日南部杯から12月1日チャン…
  • エアスピネルは函館記念で復帰予定。

    昨年マイルチャンピオンシップを10着して以降出走のなかったエアスピネル。 2019年7月14日(日)函館記念が復帰戦となる予定で調整が進められている。…
  • オジュウチョウサンは宝塚記念を目指すも調整整わず。

    中山グランドジャンプで史上初となる同一G1を4連覇したオジュウチョウサンは、上半期の最終戦を宝塚記念出走予定であったが、体調整わず回避することとなりました。…
  • ロジャーバローズ号凱旋門賞挑戦へ

    2019年5月26日に東京競馬場で開催された日本ダービーを2分22秒6のレースレコードで制したロジャーバローズは、2019年10月6日にフランスのロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞への出走を正式に決定しました。 …
  • シュヴァルグランはイギリス「キングジョージ6世&クイーンエリザベスS」参戦へ

    初の海外遠征であったドバイシーマクラシックを2着したシュヴァルグランは、7月27日(土)イギリスで開催のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSに参戦することを表明した。…
  • ワグネリアンは宝塚記念をパスし、札幌記念から始動予定

    昨秋の神戸新聞杯以来の競馬となったワグネリアンは、大阪杯で3着に健闘。 その後は、じっくり休養を挟み、宝塚記念へは向かわず札幌記念を始動目標に。…
  • スワーヴリチャードは宝塚記念へ

    ドバイシーマクラシックで3着したスワーヴリチャード(牡5歳)は、宝塚記念を鞍上M・デムーロ騎手で目指すとのこと。…
  • レイデオロは宝塚記念へ

    ドバイシーマクラシックでの好走を期待されたレイデオロ(牡5歳)は我慢が効かず逃げる競馬で6着に。 その後はすでに帰国し、宝塚記念を目標に調整とのこと。…
  • マテラスカイは最終目標がBCスプリント

    2年連続で挑戦したドバイゴールデンシャヒーンで2着に好走したマテラスカイは、帰国初戦をプロキオンステークスに。 秋には、2019年11月2日(土)アメリカ合衆国(サンタアニタ競馬場)で開催されるブリダーズカップスプリン…
  • ルヴァンスレーヴは帝王賞を目標に調整

    昨年チャンピオンズカップを制したルヴァンスレーヴは、脚元の不安でフェブラリーステークスとドバイワールドカップを回避。 その後は、4月6日に美浦に帰厩し、帝王賞を目標に調整されている。…
ページ上部へ戻る